アンテナ工事で問題を解決~快適な生活をしYO~

掛かる費用

シンプルなエクステリア

最近建てられた住宅をみると、どれもこれもシンプルなつくりです。建物そのものは凝った作りのものもありますが、エクステリア部分は駐車場に多少の植栽を植えただけのシンプルなものが定番となっています。昔の住宅のように、フェンスの周りに植栽をごてごてと植えて、ウッドデッキやサンルームを取り付けて、というようなものが減ってきているようです。大きな原因は自動車社会が進んできたことです。ほとんどの家庭に自動車が2台以上ありますし、子供が成長してからの駐車場や来客用の駐車場を考えると3台から4台の駐車場が必要となります。そのため、多くの住宅でエクステリアは広い駐車場だけにしているのです。昔は駐車場が1台のところもありましたが、最近ではリフォームの事例も増えています。

今後もほとんどが駐車場のみ

これからのエクステリアを考えた場合には、さらに駐車場だけしかつくらないところが増えてくると予想されます。また、駐車場を設置するためだけでなく、最近では、防犯面でも派手なエクステリアは避けられる傾向にあります。家の周囲に人が隠れられそうな茂みがあると防犯上も危険性が高まります。防犯上のことを考えると、できるだけオープンな外構が理想的なのです。昔よりも防犯意識が高まっているため、防犯のためにオープン外構にする人が増えているのです。今後、このような傾向は続くと思われますが、少子化がさらに進展すれば、住宅そのものに対する考え方が変化するかもしれません。